DIC Style

ネットショップ支援会社に勤める会社員がWebマーケティングを中心に書いていきます。

Jimdoファン集合!PAGESに行ってきました

      2016/05/29

pages1

「ホームページは、ジンドゥー!」

最近、CMで上記のようなフレーズを耳にすることもあるかと思います。
何となく耳に残りますよね、あのフレーズ。

さて、昨日はそんなJimdoの年に一度のイベント「PAGES」が開催され、私も参加してきました。
このイベントではJimdoインターナショナルプロジェクトマネージャーのクリス・ヒルバートさんや、
Jimdo Japanカントリーマネージャーの駒井健生さんの講演が行われたり、
日本一のJimdoサイトを決める、「Jimdo Best Pages」の最終審査が行われたりしました。

今回はイベントの中で発表された今後の新機能と、Jimdo Best Pagesの結果について書いていきます。

Jimdo 今後の新機能

  1. クレジットカード決済の導入!!!!!!
  2. レスポンシブ機能の強化!
  3. ページ毎に背景画像を切り替え可能に!
  4. 日本向けレイアウトの登場!
  5. 日本語フォントの大量追加!

と、上記5つの新機能が実装される予定です。
それぞれの項目について見ていきましょう。

1. クレジットカード決済の導入


pages_stripe
参照元:Stripe

これは何よりもありがたいですね。
これまでJimdoはPayPal決済しか導入しておりませんでした。
しかし、日本のネットショップにおける決済の約7割はクレジットカード決済です。
まだまだPayPalを決済で利用される方は少ないのが現状です。

今回、クレジットカード決済を導入するというのは、Jimdoを使ったネットショップオーナーにとって最も朗報と言えるでしょう。

ちなみに、このクレジットカード決済では決済代行としてStripeというサービスを利用するようです。まだまだ日本では知られていませんが、アメリカなどではかなり利用されているようです。アメリカ版GMOイプシロンといったところでしょうか。

2. レスポンシブ機能の強化


pages_responsive

ちょっと写真が粗くて申し訳ないのですが、
画像の左がPCの画面、右がスマホの画面です。

これまでもJimdoはスマホページに対応しておりましたが、お世辞にも良いデザインであるとは言えませんでした。
しかし、今回のレスポンシブ機能の強化でますますモバイルユーザーにとっても利用しやすいUIになると言えるでしょう。

3. ページ毎に背景画像を切り替え可能に

これまでJimdoの背景は共通となっていました。
しかし、今後リリースされる新機能で、この背景をページ毎に変更することが可能になります。

例えば、1つのサイトで複数の異なる事業のページを載せたり、
店舗毎のページを設けたりする際には、この機能でページ毎に雰囲気を変えることが可能なります。

4. 日本向けレイアウトの登場

pages_tokyo

Jimdo Japanはローカライズを推し進めると駒井さんは仰っておりましたが、この日本向けレイアウトがそれに当たるのではないでしょうか。

これはデザインをされている方には特に感じることなのかもしれませんが、Jimdoのレイアウトは世界共通のため、日本語のフォントになじまないことがよくあります。
例えば、同じフォントサイズでも日本語より英語の方が小さく見えたりします。

そうした日本語の特徴を抑えた上で、できたのがこの「Tokyo」というレイアウトです。シンプルでかっこいい。
このレイアウトを制作したのが、服部制作室の服部雄樹さんです。
服部さんは昨年のJimdo Best Pageでファウンダー賞を受賞したSelfishというサイトを制作した方です。

「Tokyo」は12月にリリース予定で、今後もこうした日本向けレイアウトを増やしていくとのことです。

5. 日本語フォントの大量追加

そして最後にご紹介するのが、このフォントです。
今後の新機能といっても、実は昨日PAGESの場でリリースされました。

まずJimdoのProプランに入ってる方、
新たに日本語フォント15書体が利用可能になります。
そしてBusinessプランに入ってる方、
なんと従来の56書体から176書体に増えます!

フォントにこだわりたい方はBusinessプランに移行した方が良いかもしれません。
これによってよりデザインの幅が広がりましたね。

Jimdo Best Pages

pages_bestpages

さて、次はいよいよJimdo Best Pages受賞サイトの紹介です。

Jimdo Best Page(大賞)

HIROSHIMA Study Abroad Ambassador様
pages_hiroshima
参照元:HIROSHIMA Study Abroad Ambassador

ここはすごいです。
制作、運営、管理と全て1人で取り組まれているそうで、
しかも予算の都合でプランはフリープラン。
それでもJimdoの初期レイアウトにしっかりとした写真を使えば、こんなに素敵なサイトになるんですね。
今回、大賞となった理由の一つとして、Jimdoを体現しているということが挙がっていました。
下手にカスタマイズをせず、Jimdoそのものを活かす。
それができているのも高評価だったようです。

Jimdo Best Design(デザイン賞)

東練馬リトルシニアオフィシャルサイト様
pages_higashinerima
参照元:東練馬リトルシニアオフィシャルサイト

一目でデザインのクオリティが高いですね。
何よりも、写真が素敵です。
また、構成もターゲットが明確となっており、
ここで野球をしたい人にとって気になるコンテンツを、目につくように配置されています。
なかなか、少年野球のホームページでここまでクオリティの高いものは少ないのではないでしょうか。

Jimdo Best Content(コンテンツ賞)

HIROSHIMA Study Abroad Ambassador様
pages_hiroshima
参照元:HIROSHIMA Study Abroad Ambassador

大賞に続き、コンテンツ賞も受賞してるんです。
ここのコンテンツは広島で学ぶ留学生が、その体験や生活を発信していくというものです。
読んでみると、非常に面白いです。
広島に興味のある方にとっては、こういった視点でのコンテンツは役に立つかもしれません。
SNSなども効果的に使って発信しており、こちらの記事も面白いです。

Jimdo Best Online Store(オンラインストア賞)

快眠ショップ 夢幸望ハヤカワ様
pages_hayakawa
参照元:快眠ショップ 夢幸望ハヤカワ

さて、次はネットショップ賞です。
今回選ばれたこちらのショップは、寝具を専門的に取り扱っています。
何よりもこちらはトップにも記載されているように、価格ではなく、睡眠の質という価値を前面に押し出していることが特長です。
ショップの構成も、眠りの質に焦点を当てており、良い睡眠を取りたい方にとってはこの上ないショップでしょう。
Amazonなどのショッピングモールが隆盛を誇る中、独自ショップが生き残るには、こうした価値に重きをおくことも必要ですね。

Jimdo Best Founder Selection(創業者賞)

瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室様
pages_takikawa
参照元:瀧川眞人の日本画の世界とこども絵画教室

そして最後に、創業者が選んだサイトがこちらです。
非常にシンプルで、余計なものが何一つとしてないです。
このサイトを選出した理由として、一目見たときの美しさが際立っていたと述べておりました。
「洗練を突き詰めると簡潔になる。」by レオナルド・ダ・ヴィンチ
その理由を聞いたとき、思わずこの言葉を思い出さずにはいられませんでした。
まさに洗練さを突き詰めた素敵なサイトですね。


そんなわけで、PAGESはイベント盛りだくさん、
私にとっても良い刺激となる催しでした。

Jimdoのように直感的にできるビルダーで、
ここまでクオリティが高いものはほぼほぼないです。
今後、さらに多くの人にとってホームページが身近になる、
そんな予感がしました。

 - イベントレポート , ,